keieishi17’s diary

40年余の経営コンサルタント経験から語る

■【カシャリ!ひとり旅】 京都 大原 寂光院3 建礼門院や寂聴さんで知られるお寺 茶室「孤雲」と諸行無常の鐘楼

■【カシャリ!ひとり旅】 京都 大原 寂光院3 建礼門院や寂聴さんで知られるお寺 茶室「孤雲」と諸行無常の鐘楼

 若い頃からひとり旅が好きで、経営コンサルタントとして独立してからは、仕事の合間か、旅行の合間に仕事をしたのかわかりませんが、カメラをぶら下げて【カシャリ! ひとり旅】をしてきました。

 

 旅は、時間に追われる現実からの開放、明日への糧となります。

 

 写真は、自分の記録であるとともに、お節介焼き精神から、他の人に情報提供も兼ねてとり続けてきました。

 

 何を思って撮影したのだろうか? 自分も行ってみたい・・・

 

 他の人に、そう思っていただける写真を撮りたいと思って、ライフワークとして、続けられるだけ続けてまいりたいです。

 

 

名所旧跡  グロマコン 経営コンサルタントへの道

 

 

■■ 京都 大原 のどかに広がる田んほとシソ畑と草生川

 

 大原(おおはら)は、京都府京都市左京区北東部にある地名で、比叡山の北西麓、高野川上流部にあります。大原は四方を山に囲まれていて、高野川に沿って若狭街道が通っています。

 

 大原という地名は、すでに平安期から見られ、平安時代初期に慈覚大師円仁が修練道場として開山した大原寺(だいげんじ、勝林院と来迎院の総称)に由来するといわれています。かつて大原村は、山城国愛宕郡に属し、南隣の八瀬と併せて「八瀬大原」と称されました。古くは「おはら」と読まれ、「小原」と表記されたこともあります。

 

 大原は、「天台声明が響く」といわれ、三千院寂光院など、比叡山の影響もあり天台宗系の山寺があります。そこをめざして、ひなびた畑道を歩くことを楽しみにしている人が集うところでもあります。

 

 「大原女(おおはらめ)」も有名で、「小原女」とも書きます。山城国大原で、女性が薪・木炭・柴を頭に載せて都まで売りに出かけました。魅力的な出で立ちは、寂光院に隠棲していた平徳子建礼門院)に仕えた阿波内侍が山仕事をした時の衣装を模したといわれています。

 


 大原行きのバス終点か、ひとつ手前の梅の宮前バス停で下車します。「おつう」の昔話のある、京都西北部大原の西に、のどかに広がる田んほと、柴漬けに欠かせないシソの畑があります。

 

 のんびりと、その中を進んで行きますと、草生川の上流にあるのが寂光院です。私が再び寂光院を訪れたのは、管主の寂聴さんが亡くなる10日ほど前のことです。

 

 ここは、聖徳太子の創建と伝わっていますし、建礼門院が余生を過ごした古刹でもあります。


 寂光院へは、京都駅または地下鉄国際会館駅から大原行きのバスに乗ってゆくのが一般的です。

 大原行きのバス終点か、ひとつ手前の梅の宮前バス停で下車します。「おつう」の昔話のある、京都西北部大原の西に、のどかに広がる田圃と、柴漬けに欠かせないシソの畑があります。

 

■【カシャリ!ひとり旅】 京都 大原 寂光院3 建礼門院や寂聴さんで知られるお寺 茶室「孤雲」と諸行無常の鐘楼

https://www.jakkoin.jp/

 

 のんびりと、その中を進んで行きますと、草生川の上流にあるのが、天台宗の尼寺で、山号を玉泉寺という寂光院です。私が再び寂光院を訪れたのは、管主の寂聴さんが亡くなる10日ほど前のことです。

 

 ここは、推古2(594)年に、が父・用明天皇の菩提を弔うために創建されたと伝わっていますし、建礼門院が余生を過ごした古刹でもあります。当初の本尊は、聖徳太子御作と伝えられる六万体地蔵尊でしたが現存はしていません。

 鎌倉時代に制作された旧本尊(重要文化財)は、平成12(2000)年5月9日未明に発生した火災により焼損してしまいました。文化庁の指導を受けて財団法人美術院によって修復されて、境内奥の収蔵庫に安置されています。現在は、美術院によって模刻された地蔵菩薩像が本堂に安置されています。

通常    3月1日~11月30日    午前9時~午後5時(季節により30分短縮) 600円
〒601-1248 京都市左京区大原草生町676 075-744-3341

 

 

■■ 茶室「孤雲」 ■■

 

 京都御所で行われた昭和天皇の即位の御大典の際に用いられた部材が下賜され、それをもとに茶室が造られました。昭和6年3月に、千宗室宗匠をたのみ献茶式を催し、茶室開が行われました。

「孤雲」のいわれは、建礼門院のもとを訪れた後白河法皇が、粗末な御庵室の障子に諸経の要文とともに貼られた色紙がありました。そのなかに、

「笙歌遥かに聞こゆ孤雲の上 聖衆来迎す落日の前」

という大江定基の歌とともに、

「思ひきや深山の奥にすまひして 雲居の月をよそに見んとは」

という女院の歌があり、それを御覧になって、一行は涙にむせんだという『平家物語』の大原御幸のなかの一節にちなんで命名されました。

 

 茶室「孤雲」は、本堂前にある門の手前の会談途中右手にあります。

 

茶室「孤雲」への入口

左の階段を登ると本堂前の門

 

茶室「孤雲」の待屋

 

茶室「孤雲」への道

 

茶室「孤雲」

 

茶室「孤雲」横の苔

 

■■ 諸行無常の鐘楼 ■■

 

 本堂の正面の池の汀にある江戸時代に建立された鐘楼には、

諸行無常の鐘」と称する梵鐘が懸かっています。

鐘身に、黄檗宗16世の百癡元拙(1683-1753)撰文になる

宝暦2年(1752)2月の鋳出鐘銘があります。

時の住持は本誉龍雄智法尼、弟子の薫誉智聞尼で、浄土宗僧侶でした。

鋳物師は、近江国栗太郡高野庄辻村在住の太田西兵衛重次です。

 

 

諸行無常の鐘楼

 

 

諸行無常の梵鐘

 

 

 

 

天橋立の紹介 https://youtu.be/DRdt__LiMGc
天橋立旋回橋 https://youtu.be/k231c--XGlU
天橋立大天橋 https://youtu.be/uusNGaMuWN4
天橋立松と碑 https://youtu.be/GErHrkLQS5o
天橋立・橋立神社と磯清水 https://youtu.be/HFVuH_K-LYI
天橋立白砂青松と舟屋 https://youtu.be/1JllCe7i3mg
天橋立コハクチョウ飛来地 https://youtu.be/qkZhqLuvzqU
天橋立の遊覧船に乗る https://youtu.be/syeWiLRCk4U
天橋立ビューランド https://youtu.be/Vc9kdnPUdfs

 

 

 

■ カシャリ! ひとり旅