keieishi17’s diary

40年余の経営コンサルタント経験から語る

【カシャリ! ひとり旅】 北海道 啄木の愛した函館 夜景・教会・赤レンガ倉庫・古い街並み

 

  【カシャリ! ひとり旅】 北海道 啄木の愛した函館 夜景・教会・赤レンガ倉庫・古い街並み 

 

 若い頃からひとり旅が好きで、経営コンサルタントとして独立してからは、仕事の合間か、旅行の合間に仕事をしたのかわかりませんが、カメラをぶら下げて【カシャリ! ひとり旅】をしてきました。

 

 旅は、時間に追われる現実からの開放、明日への糧となります。

 

 写真は、自分の記録であるとともに、お節介焼き精神から、他の人に情報提供も兼ねてとり続けてきました。

 

 何を思って撮影したのだろうか? 自分も行ってみたい・・・

 

 他の人に、そう思っていただける写真を撮りたいと思って、ライフワークとして、続けられるだけ続けてまいりたいです。

 

           名所旧跡  グロマコン 経営コンサルタントへの道 仏教 仏像

 

 北海道 【カシャリ! ひとり旅】 函館の街歩き 

 

 

■ 函館

 函館市(はこだてし)は、札幌市、旭川市に次ぐ、北海道第三の人口約26万人を有する中核市です。

 北海道南端の渡島半島に位置する、天然の良港であることを強みとし、北海道と本州を結ぶ交通結節点でもあり、道南地域の中心都市として発展してきました。

 毎年500万人近い観光客が訪れる観光都市で、市町村の魅力度ランキング調査で1位にランクインする都市でもあります。「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」では、一つ星以上の星が付いている観光地が函館市内に20以上もあります。

 観光業以外でも、水産業や食品関連産業、医療福祉を主要産業としてきましたが、近年は人口減少が著しく、2014年(平成26年)4月1日から市域のすべてが「過疎地域」に指定されています。

 室町時代の享徳3年(1454年)、津軽の豪族河野政通が、函館山の北斜面にあたる宇須岸(ウスケシ、アイヌ語で「湾の端」という意味)に館を築きました。形が箱に似ていることから「箱館」と呼ばれるようになったのが、函館の市名の由来といわれています。

 

 3泊4日の旅での【カシャリ!ひとり旅】写真を核に、それまでに撮った写真をあわせて掲載しています。

 夜景は有名ですが、町の処々に立つ、古い建物もまた魅力的です。

 旧イギリス領事館では、お茶もできます。

 五稜郭は、タワーから見下ろすのも良いですが、郭の五稜の5つを制覇するのも一興、旧奉行所跡でアトラクションを見るのも良いでしょう。

 石川啄木の足跡をたどりますと、彼がいかに函館を愛していたかがわかります。

 ホテルは、利便性を考えると市内がよいですが、やはり湯の川温泉でゆったりと温泉に浸かるのも、旅の喜びといえます。

 

 北海道・函館1 函館山 
 北海道・函館2 函館ドックエリア 
 北海道・函館3 函館元町エリア・旧イギリス領事館・旧箱館奉行所跡 
 北海道・函館4 函館元町公園・旧市庁舎・旧書庫 
 北海道・函館5 函館元町公園・教会地区 
 北海道・函館6 函館の寺社 
 北海道・函館7 函館 五稜郭 
 北海道・函館8 函館 トラピスチヌ修道院 
 北海道・函館9 湯の川温泉 <準備中> 
 北海道・函館10 立待岬 
 名所メニュー一覧

 

 

 

 

■ カシャリ! ひとり旅