keieishi17’s diary

40年余の経営コンサルタント経験から語る

◆【お節介焼き情報】 カシャリ!一人旅 神奈川県 鎌倉五山巡り 鎌倉幕府が開かれた

【お節介焼き情報】 カシャリ!一人旅 神奈川県 鎌倉五山巡り 鎌倉幕府が開かれた
 私どもでは、経営やコンサルティングに関する情報以外に、日常生活に役に立つような情報、旅行や写真などの会話を潤滑にするために情報などもお届けしています。
 それらの中から、選りすぐりの情報を中心にご紹介して参ります。

 大阪在住のあるベテランの経営コンサルタントが、「東京は緑が多い」と言っていました。東京に住んでいますとそれほど感じませんでしたが、確かに東京には処々に公園もあり、緑が多いですね。
 そのような東京のぶらり散歩の一環をご紹介します。
 

私のサイトへの訪問をありがとうございます。

へたの横好きで撮った写真をここにまとめておくことにより、必要なときに見やすいようにと考え、単なる思いつきで着手しました。

他人様に見ていただくというより、自分の作品を整理するためのページです。

神奈川県 鎌倉
 

 鎌倉は、神奈川県の南部、三浦半島の湘南海岸側(西側)の付け根あたりに位置しています。周囲を山と相模湾で囲まれた天然の要害の地で、源頼朝を旗頭として、北条時政北条義時らによって鎌倉幕府が置かれました。

 鎌倉は歴史の街でもあります。鎌倉幕府は、「いい国作ろう」と歴史年表を覚えた1192年に開かれたと学びましたが、今日では、「いい箱作ろう」と、1185年説が定説になっています。

 東・北・西のいずれから鎌倉に入るとしても山を越えない、防御をしやすい土地柄です。鎌倉の代名詞のような「切通し」は、「鎌倉七口」と呼ばれる、山を切り開いた狭い通路のことです。

 近代に入ってから“鎌倉文士”と呼ばれる作家や芸術家などの文化人が住むようになり、一層着目され、ドラマや小説などの舞台にもなっています。鎌倉文学館などは、それを象徴する一つです。文学青年ではありませんが、私も、若い頃は鎌倉に住んでみたいと思ったほどです。

 人口は、18万人に届かんとする、神奈川県でも五指に入るくらいの大きさの中核都市です。

       鎌倉市公式サイト  http://www.city.kamakura.kanagawa.jp/
 
 東京から1時間あまりで鎌倉に着きました。ロッカーに荷物を預けて、30℃を超えるような暑さの中をスタートしました。風があるので、思いの外暑さの厳しさを紛らわせてくれました。

 一泊二日の予定ですので、時間的にはゆとりを持ちながらのスケジュールです。二日間の主な日程は下記の通りです。

 
 
 
 鎌倉は、東京から1時間強で訪れることができる京都や奈良と並べられる古都です。
 東京にいながら、京都や奈良と比べてファンが少ないような気がします。
  その理由として、京都や奈良ほどには修学旅行生が行かないので、知名度が高まらないからでしょうか。
  しかし、訪れてみますと、立派な寺社が結構あります。 
 光明寺は、鎌倉五山にはランクインしていませんが、七堂伽藍で、池泉式廻遊苑だけではなく、石庭もあります。池には、古代ハスもあり、その背景にはユニークな大聖堂も控えています。
  また、それ以外でも、「ひなびた」と言っては失礼かもしれませんが、再び行ってみたい寺社も多数あります。
 京都にも負けない素晴らしいお寺がたくさんあります。
 
http://www.glomaconj.com/graphics/listmarkdsg.gif 神奈川県鎌倉市  カシャリ!一人旅 鎌倉
↑ クリック
 
 
 
 
 
 
 補陀洛寺 長勝寺(概要 山門 本堂と前庭 法華堂) 
 
 安国論寺(山門・御法窟 熊王殿・御小庵 本堂御荼毘所) 
 
 妙法寺(山門 本堂 苔寺 鐘楼) 
 
 東慶寺(山門 本堂 本堂周辺 用堂女王墓) 
 
 浄智寺(山門 本堂・庫裏 七福神布袋尊 仏殿・観音堂) 
 
 
 海蔵寺(山門・鐘楼 仏殿 庫裏 本堂 十六井戸) 
 
 浄光明寺(本堂 楊貴妃観音・不動堂・鐘楼) 
 
 
 
 
カシャリ!一人旅】総合インデックス ←クリック

【カシャリ!一人旅】 神奈川県

 神奈川県は、東京都の南に隣接し、東京を流れる多摩川を渡れば行けます。都道府県別の人口は、大阪より多く、東京に次いで第二位です。県庁所在地は横浜市で、政令指定都市は3つ、これは都道府県別では日本で最も多いのです。しかし、これらの事実は意外と知られていません。

 鎌倉 頼朝が武士の世の中を作るために幕府を開いた地ですが、文豪も愛しています
 三溪園 京都や鎌倉から移築された建造物を配する本格的な日本庭園、横浜市
 横浜港・MM21 横浜市東京湾岸にある港湾。国際戦略港湾京浜港(ハブ港)の一翼を担う