keieishi17’s diary

40年余の経営コンサルタント経験から語る

◆【経営コンサルタントの独り言】  日光を見ずして結構というなかれ

経営コンサルタントの独り言】  日光を見ずして結構というなかれ
 
平素は、ご愛読をありがとうございます。
経営コンサルタントのプロや準備中の人だけではなく、経営者・管理職などにも読んでいただける二兎を追うブログで、毎日複数回つぶやいています。
 
■ 日光を見ずして結構というなかれ
 
「日光」の語源といいますか、名前が付けられた経緯というのは、やはりあの人が絡んでいるのですね。  
 しかし日光の起源は、8世紀末に遡ります。
 当時は、日光という名前を使っていなかったようです。  
 日光を開山したのは、勝道上人で、四本竜寺を建立したのが日光の起源といわれ、日光山の中心寺院として発展してきました。
 1653(承応2)年に、三代将軍・徳川家光公の霊廟である大猷院(たいじゅういん)が境内に造営されて以来、徳川幕府の庇護を受けるようになりました。
 日光は、1999年(平成11年)に「日光の社寺」として世界遺産に登録されています。
 登録内容は、日光山内にある二荒山神社東照宮輪王寺です。総数103棟(国宝9棟、重要文化財94棟)が含まれています。
 私が訪れたのは10月下旬で、紅葉には一週間早すぎた感がします。それでも、処々に紅葉や黄葉した木々が、私を迎えてくれました。
 

■ ぽつりと独り言
  
 2010年の今日、娘が十余年にわたり勤務していた会社を退社し、上司や同僚が送別会を開いてくれました。
 大きな花をいただき、涙を流すまいと思っていたけど流れてしまったそうです。
 
 写真のようなブーケを6つもいただいたとか・・・涙が出ても仕方がないですね。6つの内の一つをわが家に届けてくれました。(写真)
 
 長い間、ご苦労様でしたという気持ちが今でも起こります。
 
 その娘も今や二人の子持ちです。 

 
ドアノブ)
 
◆ ツイッターでのつぶやき 
konsarutanto
 
経営コンサルタント(志望者)へのお勧めブログ】